学び

 

芝生の草を引いて下さっている

親子お二人・・・

 

 

 

 

 

お母様は93歳

時折

ホームの庭の草取りをして下さっています。

 

お母様は

「 主人がお世話になったので

何かお役に立ちたい。」とおっしゃっていただき

今もなお

気遣って下さる・・・

 

数年前に

旦那様が我がホームより旅立たれ

未だにご縁を頂き

助けられています・・・

 

今はあまり耳にすることが少なくなった

” 奉仕 ”という言葉を

後ろ姿で教わるような気持ちです・・・

 

朝5時に作業を開始され

みんなが来る7時半にはそっと帰られる

とても学び多きお2人です・・・

 

感謝

 

今月の28日に

ホームにて見学会を兼ねて

カフェを開催予定・・・

 

Sさん親子の奉仕の心・・・

お庭から

親子の心の姿が見えてくれるかもしれません・・・

 

 

 

 

 

そんなお庭で

ひと足先にFamilyが外カフェ・・・

 

ぽかぽかとしたお日様を浴びながら

ワイン?!とはいきませんが

美味しいジュースで乾杯・・・

 

 

 

 

皆に支えられながら

日々過ごしている小さなホーム!

 

感謝

 

感謝だなと手を合わせます・・・

 

 

 

posted by: seiko | - | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

笑い声

スタッフ「施設長〜お天気が良いので

お出掛けしたいのですがいいでしょうか〜?」

 

 

 

 

感動顔

 

予定外のことは

スタッフにとって

とても努力が必要となる・・・

それでも

外に出してあげたいと思う

優しい気持ちに感動する・・・

 

それは

今日のスタッフみんなが

同じ気持ちでいるから

安心してそんなセリフが出たのだと・・・

 

家

 

 

 

 

 

リビングから

力強いピアノの音が聴こえてきた・・・

 

Familyが弾いていた・・・

好きな曲は「乙女の祈り」

 

素晴らしい音色だった・・・

 

 

 

 

 

デイルームのまったり時間に

楽しそうにリハビリしていたり

卓球をしていたり・・・

 

Family&スタッフ

一緒に楽しんでる?!と思う

笑い声に癒される・・・

 

 

 

 

忙しい介護のお仕事・・・

個々の思いが平等な時

それ以上の力が発揮されるのではないかと・・・

 

思わずデイルームに飛び込んで

一緒に笑った・・・

 

感謝

 

素敵なスタッフ

素敵なFamilyに感謝

 

 

 

posted by: seiko | - | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お花

古賀先生が

お花を持ってきて来てくださった・・・

 

 

 

 

お花に負けないような先生の笑顔は

キラキラキラキラキラッキラですゆう★

 

 

 

 

中庭の花壇もお花でいっぱいになってきた・・・

先生は

空間の調和を常に考え

色バランスや配置にもこだわってくださる・・・

 

もうすぐ

ホテルオークラで行われる

大使・大使館夫人による

10ヵ国のガーデンイベントの準備に入られる・・・

 

忙しい先生ですが

常に気を配ってくださり

感謝感謝感謝です

 

さくらんぼ

 

 

 

 

 

リビングの片隅で歌声が聞こえてきた・・・

 

Familyの旦那様の弾き語り・・・

 

旅立つ日

 

作曲:井上ヨシマサ 
作詞:秋元康


ある朝 目覚めたら
神が待ってた
命に終わりが来ると
そっと知らされた

どうして 僕だけが
旅立つのか?
運命のさざ波に
声は届かない

一番近くの
大事な人よ
しあわせだったか?
それが気がかり

もしも僕がいなくなったら
最初の夜だけ泣いてくれ

君と僕が過ごした歳月(とき)を
思い出しながら
見送って…

いつかは 誰もみな
迎えが来ると
わかっていたはずなのに
他人事(ひとごと)のようで…

夕陽がいつもより
美しくて
知らぬ間に溢れ出す
感謝の気持ち

今まで一緒に
歩いた人よ
残して行くこと
許して欲しい

君と会えてしあわせだった
朝の空見上げ 微笑んで
僕はきっと日差しになって
見守っているよ
君のこと

もしも僕がいなくなったら
最初の夜だけ泣いてくれ

君と僕が過ごした歳月(とき)を
思い出しながら
見送って…

 

昨年

旦那様はご自分に病気があることを知った・・・

そして

ご入院される前日

テレビからこの歌詞が聴こえてき

「 僕はもうダメなのかもしれない!」と思ったそうだ・・・

 

でも

この歌詞を何度も何度も読み

妻のために頑張って生きてみようと

奮起された・・・

 

今は

お元気で奥様の面会に来られ

ひまり館のサークル「ひまりフレンズ」にも所属している・・・

 

必要とされている人の命は

とても強く逞しい・・・

 

今日が充実した日でありますよう

明日に幸せな光が降り注ぎますよう・・・

 

 

posted by: seiko | - | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

旅立ち

老人ホームは

出逢いからお別れの時が早い・・・

 

長い人生を送られ

ご自分で過ごすことが難しくなられた方が

私達の元に来られ

もうひとつの家族の一員となる・・・

 

この5年

出逢いと別れを繰り返した・・・

 

 

 

 

3日前

オープン当初にご入居されたKiさんが

亡くなられた・・・

 

少し体調が思わしくないと病院に行き

待合い時間で

咳ばらい・・・

 

Kiさん「 あれ?血が出た!

そろそろお迎えが来たみたい!施設長〜握手パチパチ!!」と

手を伸ばした・・・

 

握手

 

施設長と握手をしながら

 

Kiさん「 施設長!お世話になりました。

もうみんなに挨拶が出来ないかもしれないから

代わりに宜しく伝えて下さいニコッ!」と満面の笑顔・・・

 

間もなく医師から

「 ご家族に至急連絡をお願いします!」と・・・

 

でもKiさんは

いつもと変わらないご様子で

楽しく話をしておられた・・・

 

ご家族がみんな集まり

Kiさんは嬉しくて嬉しくて

大笑いの大騒ぎゆう★

 

そして

 

Kiさん「 おむつを替えて下さい!」と言われた・・・

 

看護師が交換しようとしたとき

ス〜

っと逝かれた・・・

 

最期まで

感謝の言葉と笑顔の方だった・・・

 

 

 

 

 

そんな彼女の作る作品は
90歳にして開花し

素晴らしい作品を沢山作られた・・・

 

画用紙とティシュと絵の具

身近な素材で工夫をし

とても面白く独自なものを制作された・・・

 

 

 

 

私の顔を見ると

Kiさん「 先生〜見てみて〜」と

部屋に案内してくれて

作品の説明をしてくれた・・・

 

 

 

 

よく陽の当たるところで

Family同士が話しておられた・・・

きっと今頃

お二人で

こんな風にお話をされているのかな〜?!

 

 

 

 

kiさんが書いた句

 

「 かんしゃくも くの字を捨てて ただ感謝 」

 

 

 

 

昨年のお盆の迎え火

Kiさんが作って下さった・・・

 

 

 

 

今年は

私達がお迎えしますね

 

感謝

 

お疲れ様でした

そして

ありがとうございました

 

 

 

 

posted by: seiko | - | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

たけのこ

ご家族に

新鮮採れたての

たけのこを頂いた・・・

 

 

 

 

 

可愛いので玄関に飾ってみたうっとり

 

お好きな方は

「 おひとつどうぞ顔 」

 

 

  

 

 

シェフの石さんと

スタッフのWさんが

煮物・揚げ物・柚味噌と調理頑張る

 

料理の達人!

激ウマですゆう★ハート

 

Familyもペロッと平らげ

大満足ニコッ矢印上

 

 

 

 

施設長のところにも

心づくしが届いた・・・

美味しそう〜ちゅん

 

施設長

益々丸々です顔汗

 

PS

 

ゆう★

 

 

 

 

庭のテーブルと椅子がびっくりふきだし

 

作家Kさんの新作

 

「 ガーデンセットの組体操 」

 

かなゆう★??

 

 

 

posted by: seiko | - | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

古賀有子展

古賀有子 寄せ植えの世界展

 

 

 

 

我がホームのお花の先生

古賀先生の個展

 

 

 

 

今日は初日

先生の特別講座に伺ってきました・・・

 

花音痴の私でも

分かりやすく例え話を交えながらの解説!

とても楽しかったうっとり

 

 

 

 

会場に置かれている花達は

一つ一つ存在感があり

改めて

先生の技術の素晴らしさを感じた・・・

 

 

 

 

 

そして

この中に「伊予獅子てまり」という

ピンク色の花が使われていた・・・

 

愛媛県伊予地方で自生する野生種!

故郷が同じというだけで

初めて見るのに懐かしく感じる・・・

 

古賀先生の個展

是非ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

<場所>

 

ギャラリー間 成田

 

4月14日〜25日まで

10:00~17:00まで 木曜日定休

 

成田市囲護台1150-24 

TEL 0476-37-6010

 

 

posted by: seiko | - | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ひまりフレンズ

クラブ活動の中に

「 ひまりフレンズ 」という

ボランティアさん、Familyの家族、スタッフの家族で

結成されているサークルがある・・・

 

 

 

 

楽器と歌が好きな方が集まり

定期的に自由演奏を開いてくれる・・・

 

ほのぼのして

見ているだけでほっこり・・・

 

♪

 

今日のダンスクラブ!

お掃除メイトのodaさんが先生!

 

 

 

 

 

頭に手作りのリボンを付けてもらったら

あら不思議

みんな満面の笑みちゅん

 

いくつになっても

リボンは女性の心をくすぶります・・・

 

年に一度

 創立した5月

Familyとスタッフの発表会を開催する予定うっとり

今回はその第一回

「 ひまり うららの会 」

それに向けて

みんな頑張っています・・・

 

 

posted by: seiko | - | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ディスプレイ

好きな作家さんがいる・・・

 

顔も知らない

でも

その方の作る作品がとても好き・・・

 

 

 

 

 

ホームに届いたちゅん

 

すぐに飾りたいぷちはーと

 

 

 

 

 

リースは

寂しかった受付に飾り・・・

 

 

 

 

スワッグは玄関に・・・

 

 

 

 

そして

お節句に向けての男の子用のおもちゃで

赤い車が欲しいと思っていたら・・・

偶然出会った顔

 

子供用のミニカー

 

誰も見ないかもしれない・・・

でも

目に入る雰囲気の一部であって欲しいと

ちょっとずつ変化してみる・・・

 

ジグソーパズルのように

一個のピースの存在感はなくても

欠けているより

大事な一部でありたいと・・・

 

ホーム作りもそうかもしれない・・・

みんなが1ピースを持ち寄り

”ひまり”という絵を作っていけばいいのかなと・・・

 

もうすぐ丸1年

まだまだ未熟なホームですが

みんなで

試行錯誤しながら築き上げて行こうと思う・・・

 

 

 

 

夜のひまり館

施設長2人がピアノを弾いています・・・

 

初めての連弾・・・

 

上手くいきますように感謝

 

 

posted by: seiko | - | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お花の先生

 

しえるのお庭の模様替え・・・

 

チームKOGA

お花の先生がお越しくださいました・・・

 

 

 

 

 

春の色をたくさん盛り込んだ

華やかなお花が登場・・・

 

 

 

 

 

先生方の

お花を愛おしく植えられる姿は

とても美しく

しえるのお庭に

春の息吹も植え込んでいただけてるように感じた・・・

 

 

  

 

 

4月28日には

施設見学会を行います。

その際

お天気でしたら

外で” ガーデンカフェ ”を行います。

 

数に限りがありますが

我がホームの正子シェフによる「あんみつ」が

振る舞われる予定です。

 

小さなフリマも開催予定ちゅん

 

お近くに来られた際には

お立ち寄りくださればと思います。

 

家

 

 

 

 

デイサービスでの作り物

試作中・・・

卵でデコ卵

 

 

posted by: seiko | - | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

 

室町時代末期


端午の節句には
虫干しを兼ねて旗指物を飾る
という風習がありました・・・
やがて

鎌倉時代になると武家社会が成立します。

それ以降

端午の節句は
男の子が武士として強くたくましく成長することを祈る

という色が濃くなってきたようです・・・

 

 

 

 

武将にとっての鎧や兜は、
自分の身を護るための大切な道具・・・
命を守る象徴と考えられ
男の子を事故や病気・災害などから守ってくれるように
という願いを込めて

飾るようになったそうな・・・

 

 

 

 

ご家族からのご寄付!

 

お婆ちゃんがお孫ちゃんの健やかな成長を願い

送られた貴重なものを頂きました・・・

 

 

 

 

これは

社長が生まれた時のもの・・・

両親は

5年ほど前に引越しをした際

ほとんどのものを処分したのですが

2人の子供達の

この兜とお雛様は大事に持ってきたようです。

今は

大きく成長しましたが

健康を願う親の気持ちは

命ある限り続くのだと感じます・・・

 

 

 

 

同世代のFamily

兜を前に

色んな思い出話をささやいています・・・

 

時を思い出す飾りは

年間通して多くはないですが

必要なものだと感じます・・・

 

来館の際

思い出深い兜を

観ていただければ幸いです・・・

 

 

 

posted by: seiko | - | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |